スポンサーリンク

自転車のカバーが自作できるって本当?DIYで仕上げる方法を紹介

自転車を普段の生活で毎日のように
使用している人も多いかと思いますが、
使わないときは外に置いてると思います。

外に自転車を置いていると、
雨風にさらされたり、紫外線に当たって
色が変わってしまうのを防ぎたいと感じる
人も多いのではないでしょうか?

そんなときに便利なのが自転車の
カバーですが、購入するとなると
少なからず費用がかかります。

節約のために自転車のカバーなら
自作で仕上げられるのでは?と思っている
人もいるかと思います。

自作ならばカバーを購入するよりも
安い費用でカバーを使用することが
可能ですね。

今回は自作で自転車のカバーを
仕上げる方法について解説をするので
手作りのカバーにチャレンジしたい人は
参考にしてください!

スポンサーリンク

自転車のカバーが自作できるって本当なの?

自転車のカバーを自作することは
できるの?って思う人もいるかも
しれませんが・・・

実際に自転車のカバーを自作するのは
思っているより簡単にできるようです。

自転車のカバーを購入する場合の
相場は約1500円~3000円前後が
平均的です。

ですが、ブルーシートなどを使って
カバーを仕上げる場合はもっと安い金額に
抑えられるので裁縫が得意な人は
ぜひ、トライしてみてください。

自転車のカバーを自作で仕上げる方法を紹介!

さて、肝心の自転車のカバーを
自作で仕上げる方法について
紹介したいと思います。

さっくりとまとめるとカバーを
自作する手順は下記のようになります!

1.ビニールシートのハトメ(金属の輪っか)を取り付け
2.ハトメをテープ・紐で結ぶ
3.所々にハトメを取り付けて完成!

ハトメを取り付ける理由ですが、
風でビニールシートを飛ばさないよう
重りの役目を果たしてくれます。

ビニールシートと聞くとブルーの
イメージですが、今ではホワイトや
ピンクなどもあるので好みの色を
探してみましょう。

また、ビニールシートを選ぶ際には
できるだけ耐久性の高そうなシートを
選ぶと長く使えると思います。

自転車カバーと関連して自転用の
マウントを自作して取り付ける動画を
見つけました。

興味がある人はぜひ、参考に視聴して
みてくださいね!

自作して取り付けを行えば、
自転車の使い勝手がどんどん
便利になっていきますよ(*”▽”)

自転車のカバーを自作するための材料は100均で揃う?

自転車のカバーを自作するために
使用するアイテムたちは全て100均で
揃えることが可能です。

ホームセンターなどでも購入することは
可能ですが、できることなら極力お金を
かけたくはないですよね?

ですから、材料は全て100均で揃えて
どこまでもお得に自転車カバーを
作っちゃいましょー♪

自転車のカバーを自作する2つのメリットとは?

素人が自分で自転車カバーを
作るよりも販売店で購入した方が
当然ながらアイテムとしては高品質です。

ですが、自転車のカバーを自作で
仕上げることで得られるメリットも
あるのです。

工作などが好きな人は難しくはないので
遊びの感覚でカバーを手作りしてみると
楽しいと思います。

下記では自作のカバーならではの
メリットを2つ程、簡単ですが
紹介しますね。

1.コストが安い

ビニールシートを自作で仕上げる
最大のメリットはココですね☆

全て材料が100均で揃えられるので
コストが圧倒的に安いです。

ネットや販売店で購入すると
安くても1000円は超えてしまう
商品が多いはずです。

ですが、100均一で材料を揃えて
自作で仕上げるならば、費用は
1000円を切るはずなのでかなり
お得ですよね?

自転車のカバーにお金をかけるのは
もったいない!と思うなら簡単に作れるので
トライしてみましょう。

2.好みのカバーを作れる

もう1つのメリットは、自分好みの
カバーを作ることができます。

ビニールシートの色を選ぶことも
できますし、ビニールシートに
自分の好きなキャラクターの
イラストを描くこともできます。

そうすれば、自分だけのオリジナルの
自転車カバーになりますよね?

販売店では自分の好みのデザインや
好きな色がない、ということもあるので
自分好みのカバーが欲しい人にも
おすすめではないでしょうか?

自転車のカバーを自作する際の注意点とは?

上記でも少しお伝えしましたが、
ビニールシートを選ぶ際には
なるべく耐久性の高い物を選びましょう。

ビニールシートの耐久性によっては
1、2年以上持つことも十分あるので
シート選びは注意するようにしてください。

また、自転車の大きさによっては
ビニールシート1枚では足りないという
可能性もあるようです。

材料を買いに行く前に自転車のサイズを
事前に測って、どのくらいのカバーが
必要なのか把握しておきましょう。

そうしないとビニールシートの長さが
足りなかったりと2度手間になることも
あるからです(>_<)

まとめ

いかがでしたか?

自転車のカバーの作り方は
記事のなかで何度も言ってるように
とっても簡単に作れちゃいます☆

自転車のカバーは欲しいけど
数千円出して買うのはちょっと・・・
そう思っている人にはおすすめです。

また、自転車を外に止めるときに
スタンドは使っていますか?

あればいいけど、わざわざ買うのが
もったいないという人も少なからず
いるのでは?

⇒自転車のスタンドの自作を木製で!DIYで仕上げる簡単な作成手順

実は自転車のスタンドって自作で
作れるって知ってましたか?

カバーと同じように購入するのが
もったいない人は上記の記事も
併せて読んでおくといいです!

タイトルとURLをコピーしました