スポンサーリンク

自転車のカバーは必要なの?使用する意味やメリットについて紹介

自転車を使っている人のなかには
自転車カバーを使っている人もいれば
使っていない人もいるでしょう。

自転車カバーを使っていない人は
「カバーって必要なの?」そう疑問に
感じることがあるかもしれませんね。

また、自転車の販売店にも
自転車のカバーを販売しているので
勧められたことがある人はカバーを
検討している人もいるかもしれませんね。

自転車のカバーが必要かどうか
イマイチ分からない!という人も
多いかと思いますので・・・

今回は自転車のカバーの必要性や
メリットについて解説をしたいと
思います。

スポンサーリンク

自転車のカバーは何のために必要なの?3つのメリットを紹介

まず、自転車カバーは何のために
必要なのか分からない人も多いかと
思います。

自転車のカバーを使うことで
実は自転車にとっていくつかの
メリットがあるのです。

自転車を長くできるだけ使いたい人は
自転車カバーはかなり役立つアイテムに
なるはずです!

自転車のカバーをまだ使っていない
人に向けて自転車のカバーの3つの
必要性について解説をしますね。

1.サビの防止

自転車は外に止めておくので雨風に
さらされて錆びてしまうことも
ありますよね?

雨風から自転車を守るためにも
自転車カバーは有効です。

自転車が錆びてしまうと色々な
箇所が劣化してしまったり、
故障することもおります。

ですから、自転車を長く綺麗な状態で
使い続けたい人は自転車カバーを
使用するのがおすすめです☆

2.花粉やホコリの防止

自転車はホコリや花粉によって
汚れが付きやすいので、自転車を
綺麗な状態で使い続けたい人は
カバーを使うといいです。

お手入れをすればある程度、
綺麗にすることはできますが
こびり付くと落ちにくくなるので
カバーの使用をおすすめします。

実際にカバーを使用している
自転車とそうでない自転車とでは
綺麗さに差が出てくるはずです。

3.日焼け防止

カバーをしない状態で自転車を
外に止めておくと、自転車が所々
日焼けを起こします。

気温が高い夏場などは長時間
外に自転車を放置しておくと所々、
日焼けを起こすことがあります。

サドルやハンドルなど素材によっては
日焼けが目立ってしまうこともあります。

日焼けはよく見ると目立つので、
夏場などは特にカバーを使用した方が
いいかと思います。

自転車のカバーで人気のおすすめ3選を紹介!

自転車のカバーを探すにも色々と
種類が豊富ですから、どのカバーに
すればいいのか迷う人も少なくない
でしょう。

自転車のカバー選びをしている人に
向けて下記では人気のおすすめ商品を
3つ探してみました。

おすすめの人気商品なので、
どの商品にしようか迷っている人は
この3つから選んでみてはいかがで
しょうか?

少し高めの商品もありますが、
生地も丈夫で雨風から自転車を
しっかり守ってくれるので
かなり役立つ商品だと思います!

1.Ohuhu サイクルカバー


出典:https://www.amazon.co.jp/

高い防水性と対候性を持っており、
また撥水加工の効果は通常の
2倍となっています。

素材はテント用の
210Dオックスフォード生地を
使っているのでナイロン製とは
比較ならないくらい厚手です。

また、UV加工を施しているので
より強い糸を使用しているために
紫外線にも強い優れものです!

スポーツタイプの自転車ですが、タイヤの下まで十分な長さがあり、しかも余りすぎるということもないちょうどいいサイズです。今の所は何も問題なく使えているので、いい買い物ができたと思います!

当然のことですが、布で覆われているので、風を受けると横転しやすくなります。保護するはずの自転車は、結局雨で水浸しになってしまい・・・カバーも小さな穴が空いてしまいました。(涙)

前使っていた別の製品が屋外で使うのでたちまち劣化して色褪せ破れてしまっったので、安物を辞めてこちらを購入。とても丈夫そうで生地もしっかりしています。これなら安心して長く使えそうです。

お店で購入すれば、
恐らく2倍くらいの価格には
なるかと思うのでこの機会に
購入してみては?

満足度が高い評価が多かったので
今までカバーを使用していない人には
嬉しいアイテムになるかと思います。

⇒「Ohuhu サイクルカバー」の詳細を確認する

サイズなども大きめなので、
比較的、どんなタイプの自転車にも
使いやすいはずです。

撥水加工を重視する人にとっては
とても最適な自転車カバーになるかと
思います。

2.creer サイクルカバー


出典:https://www.amazon.co.jp/

この自転車カバーも上記で紹介した
アイテムと同じようにテントに使われる
210Dオックスフォード生地を使ってるので
厚手で破れにくいのが特徴です。

雨が降った場合などにも縫い目に
しっかりと撥水加工を施しているので
自転車が濡れることもありません。

また、使用していない際には
小さくコンパクトにできるので
収納しやすいカバーです。

ミニベロには少し大きかったですが…大は小を兼ねるで問題ないです。またデザインが気に入っているのと、生地が丈夫で、雨や紫外線からしっかり自転車を守ってくれるので助かっています。

自転車をすっぽりおおえて、飛びにくく生地も丈夫そうでした!評価は色々あるようですが、個人的には購入して正解だったと思います。

前に使っていたカバーはすぐダメになりましたが、このカバーは丈夫で雨天時に使用しましたが撥水性はとても良く、ちゃんと水を弾いていました。値段もそこまで高くないですし、良い商品だと思います。

この商品は人によって評価がかなり
分かれていましたが、好評価が
とても多かったです!

自転車によってはカバーが少し
大きすぎてしまうことも(笑)

⇒「creer サイクルカバー」の詳細を確認する

風が吹いても風飛び防止の
ワンタッチバックルや、
キーリングホールでロックも
できるので防犯性も高いです。

また、メーカー保証が1年間
付いているのも安心ですね☆

3.MARSNET サイクルカバー


出典:https://www.amazon.co.jp/

生地は上記の2つと同じように
耐久性に優れており、
生地の縫い目には防水テーピングが
施されています。

雨粒が入り込まないように
なっている作りがポイントの1つと
なっているカバーです。

また、高級感もあり洗っときに
干しやすいようバックルもついて
いるので長期の使用にも最適です♪

アパートで駐輪所が屋外にあり、雨風からガードするために購入しました。とにかく水がしみこまず、自転車をすっぽり覆ってくれるものを探していました。水も浸透しないし、すぐに破れることもないので満足できています。

もう少し生地が厚ければと思いましたが、今の所なんともありません。ただ、雨が降り続けるとシートはやっぱり濡れてしまいますね・・・けど、コストを考えると全然問題ないかと思います。

結構大きめの自転車で使用してますが、被せやすいです。ありがたかったのはセットで袋がついているので、自転車に乗ってるときは簡単に収納できるし、自転車に取り付けられるも便利ですね!

安い自転車カバーを使用するならば
このカバーを購入する方がメリットが
あるという内容の評価が多かったです。

大き目の自転車でもスッポリと
覆いやすいので、とても便利だと
思います。

⇒「MARSNET サイクルカバー」の詳細を確認する

ファスナー付きのカバーなので、
装着や取り外しもしやすい便利な
カバーです。

生地も破れにくいので、自転車の
錆びつきなどが心配な人は購入を
検討してみてはいかがでしょうか?

自転車のカバーを収納するにはどうしたらいい?

自転車カバーは置き場所によっては
そのまま置くと邪魔になることも
多いので、収納に困る人もいるかと
思います。

上記で紹介したような収納しやすい
カバーでなければ収納袋に入れることを
おすすめします。

巾着タイプでカバーが入りやすい袋を
選ぶといいかと思います。

もし、自転車のカバーをまだ購入してない
人は自転車カバーの収納袋がセットの
タイプの商品も販売しています。

収納をどうするか迷っている人は
収納とセットになっているか、
収納しやすいタイプのカバーを
選ぶようにするといいでしょう。

自転車のカバーが飛ばないようにするには?

自転車のカバーで悩みの1つとして
上げられるのが、自転車のカバーが
飛んでいってしまうこと。

自転車カバーが飛ばないように何か
対策を考えている人もいるかも
しれませんね。

最近の自転車カバーは風に飛ばされない
タイプが増えていますが、生地が薄いと
強風などで飛んでいってしまいやすいです。

そこでおすすめなのが、
カバーに金属輪を取りつけることです。

100均などで売られている金属の輪っかの
ことですね!それをカバーの所々にテープか
紐などを使って取り付けてみてください。

そうすれば、金属が重りの役割を果たして
強風でもカバーが飛びづらくなるのです。

取り付ける数が多いほど飛びづらいので
カバーの生地が薄めならば、多めに金属を
取り付けるといいでしょう。

金属を取り付けるのとそうでないのとでは
少なからず違いがあるかと思いますので
試してみてくださいね☆

まとめ

自転車のカバーを使うことで
錆びつきや日焼け、汚れ防止などに
役立ちます。

まだ自転車カバーを使用していなくて
自転車を綺麗な状態で長く使いたい人は
自転車カバーを使用してみてくださいね!

最後に今回紹介した人気カバー3選の
商品について記載しておきますので、
カバー選びに迷った人は下記の3つから
選んでみては?

自転車のカバー人気のおすすめ3選

1.Ohuhu サイクルカバー
2.creer サイクルカバー
3.MARSNET サイクルカバー

自転車カバーを購入するには
少なからずお金がかかりますよね?

できるなら自転車カバーにお金を
かけたくない!という人もいるでしょう。

⇒自転車のカバーが自作できるって本当?DIYで仕上げる方法を紹介

自転車カバーは誰でも簡単に
手作りすることが可能ですから
お金をかけたくない人はカバーの
手作りに挑戦してみては?

必要な材料も100均で揃えることが
できるので、かなりお得だと思います♪

タイトルとURLをコピーしました