スポンサーリンク

自転車の置き場は台風が来ても大丈夫?強風や雨に負けないための対策

台風が過ぎ去った後、外に出てみると屋外にある
自転車がなぎ倒されているのを目にします。

あれだけの強風だから仕方ない…
と思っている人も多いでしょう。

ですが、自転車が台風の強風にさらされたり、
雨に濡れたりすると

  • タイヤの劣化に繋がる
  • フレームやライトが傷つく
  • ハンドルが壊れる

など自転車にとって良くないことばかり
起きます。

台風は災害の中でも事前に準備できる
災害なので、被害を最小限に抑えるためにも
できる限りのことはしておきたいものです。

今回は、自転車置き場の自転車を台風の雨風から
守るための対策についてご紹介します。

台風シーズンで慌てないよう、今のうちから
準備しておきましょう。

スポンサーリンク

自転車の置き場は台風が来ても耐えられる?

最近では大型で強い台風が日本列島に
何度も上陸することが多くなりました。

台風が直撃すると家の屋根瓦が飛ばされたり、
街路樹が倒れて道路をふさいだりと私たちの
生活に大きな影響を与えます。

そのため、屋外にある簡易的な作りの
自転車置き場は台風に耐えられず屋根が
飛ばされたり、壁に穴が開いてしまったりして
自転車が雨風にさらされてしまうことも。

強い風によって自転車がなぎ倒されると、
ライトやフレームなどが傷ついたり壊れたり
してしまいます。

また、雨にさらされるとフレームやねじが
錆びたり、タイヤの劣化の原因にもなります。

自転車置き場の自転車が台風や雨に負けないための2つの対策

自転車置き場が台風に耐えられないとなると、
大切な愛車を守るためにはどうすれば
いいのでしょうか。

一番良い方法は、台風が過ぎ去るまで
家の中に自転車を入れておくことなのですが、
スペースの問題上できないこともありますよね。

ここでは、台風の時に已む無く自転車置き場に
愛車を置かなければらなないときに、被害を
最小限に防ぐための2つの対策をご紹介します。

1.カバーを被せる

出典:https://www.amazon.co.jp

先程も言いましたが自転車が雨風に
さらされるとあとから錆びてしまう
ことがあります。

大切な愛車を錆付かせないためにも
自転車にカバーをかけることをおすすめ
します。

ですが強い台風の場合、風よってカバーが外れて
電線や他の人の家のアンテナに引っかかって
しまうことがあります。

強い台風の場合は、他の人の迷惑にならないよう
カバーを外しておいた方が良いでしょう。

2.最初から倒しておく

台風が通り過ぎた後に、外に出てみると
多くの自転車がなぎ倒されているのを
目にします。

台風によって倒れた自転車は、少しのキズで
済む場合が多いのですが、倒れ方によっては
かごが歪んだり、ひどい時には

ブレーキハンドルが折れてしまったりする
こともあります。

折れたままのブレーキハンドルで
自転車を走行するのは大変危険です。

また、アパートやマンションに設置してある
自転車置き場だと複数の自転車やバイクが
止められているので、1台の自転車が倒れると

ドミノ倒しのように隣の自転車も
倒れてしまいます。

台風とはいえ、他人の自転車やバイクを
傷つけてしまうとトラブルに巻き込まれて
しまうことも。

そうならないためにも、台風が近づく前に
あらかじめ自転車は倒しておきましょう

自転車置き場の自転車を台風や雨から守る3つのアイテム

屋外にある自転車置き場の自転車を台風や
雨から守るためには、

  • カバーを被せておく
  • 予め倒しておく

という方法がありますがこれはあくまでも
被害を最小限に抑える方法に過ぎません。

ですがこれから紹介するアイテムを活用すれば、
自転車置き場にある愛車を台風や雨から
しっかりと守ることができますよ。

1.サイクルハウス

出典:https://www.amazon.co.jp

戸建て住宅に住んでいる場合、車庫は
あるけれども自転車置き場を設置している
家庭は少ないのではないでしょうか。

そのため、自転車は玄関の前や庭に野ざらしで
置いている人もいるでしょう。

この状態で雨や台風が来たら自転車は雨に濡れ、
風によってすぐに倒されてしまうでしょう。

もし、玄関前に置いていたら倒れた時にドアを
傷つける恐れもあります。

戸建て住宅で自転車置き場がないご家庭に
ぴったりなアイテムがサイクルハウスです。

簡単に組み立てられる自転車用の
ビニールハウスで、庭の空きスペースが
あっという間に屋根付きの自転車置き場に
なります。

このアイテムの特徴は高品質のタープ生地を
使用しており厚手で丈夫なため、雨風を
完全ブロックして中の自転車を守ります。

また、地面に打ち込むためのピンも
付いているので、風にも強い作りに
なっています。

高耐久シートサイクルハウスの詳細を確認する

2.自転車カバー

出典:https://www.amazon.co.jp

集合住宅で駐輪場はあるけれども、
屋根しかないから風の方向によっては雨が
愛車に当たってしまう…と悩んでいる方も
いるでしょう。

駐輪場では先程紹介したサイクルハウスを
建てられませんよね。

そんな時は、高性能の自転車カバーを愛車に
被せましょう。

自転車カバーは100均の店舗でも
販売されていますが、台風や雨から
愛車を守るには少々心もとない感じがします。

そこでおすすめの自転車カバーが
Ohuhuのサイクルカバーで、その特徴は

  • UVカットで紫外線もカット
  • テントにも使用される生地を使用しているので破れにくい
  • 縫い目も撥水加工
  • カバーの前後には風飛び防止のためのワンタッチベルト付き

となっています。

写真を見ても分かるように自転車の形に合わせた
立体構造のカバーになっており、女性や子供でも
被せやすいと好評。

価格も1700円とリーズナブルなのも魅力です。

Ohuhuサイクルカバーの詳細を確認する

3.ディスプレイスタンド

出典:https://www.amazon.co.jp

最近の台風は強い勢力を保ったまま日本を
縦断するので、いつ誰が被害に遭っても
おかしくない状況です。

今後、サイクルハウスや高性能の自転車カバー
でも愛車を雨風から守れなくなるほど大きな
台風がくる可能性があります。

そうなると自転車を守る最善の方法は、
家の中に入れてしまうことですが、
自転車は意外と大きいので収納に困って
しまいますよね。

そんなときに便利なのが自転車用の
ディスプレイスタンド。

写真のように自転車を縦に置く
ディスプレイスタンドもあるので、最小限の
スペースで自転車を室内に置くことができますよ。

軽量だけれどもしっかりと固定できるので、
自転車が倒れる心配もありません。

価格は10,000円前後と少々割高なのですが、
大切な愛車を台風や雨から守るためだと
思えば安いものではないでしょうか。

ディスプレイスタンドの詳細を確認する

ディスプレイスタンドの中には、タイヤが
床につかないような作りになっているものも
あるので、部屋が汚れる心配も少なくて済みますよ。

まとめ

自転車置き場にある自転車を台風や雨から守るには

  • 予め倒しておく
  • カバーを被せておく

という対処法があります。

ですが、これはあくまでも被害を最小限にする
ための方法で、確実に自転車を台風や雨から
守りたいのであれば、

  • サイクルハウス
  • 高性能の自転車カバー
  • 屋内設置のためのディスプレイスタンド

などのアイテムを使うといいでしょう。

自転車は台風や雨にさらされると、倒れて
フレームやライトが傷ついたり、錆付きの原因に
なったり、タイヤの劣化に繋がったりします。

また集合住宅の自転車置き場に置いていた場合
台風でドミノ倒しのように自転車が倒れ
自分の自転車が他の人の自転車を壊し、
トラブルに巻き込まれてしまうことも。

そうならないためにも事前にできることは
しておきたいですよね。

なお、自転車の盗難やトラブルなどに巻き込まれない
ためにも防犯登録はちゃんとしておきましょう。

自転車の通販は防犯登録はどうする?ネットで購入した場合の方法紹介

毎年やってくる台風から愛車を守るためにも
今から対策を考えておきたいものです。

タイトルとURLをコピーしました