スポンサーリンク

自転車のパンクの見分け方!空気が抜けている場合の違いとは?

自転車を長いこと使用していると、
自転車に様々なトラブルが起こる
ことがあると思います。

自転車のトラブルで一番多いのは
恐らく自転車のパンクではないで
しょうか?

毎日、自転車を使用しているならば
突然のパンクはなかなか困ってしまい
ますよね?

でも、多くの場合がタイヤの空気が
なければパンクだと決めつけてしまい
がちですが・・・

意外とタイヤの空気が抜けていても
それがパンクでないこともあるの
ですが・・・その見分け方ってよく
分からないですよね(´Д`)

そこで、今回は自転車のパンクの
見分け方と空気が抜けてしまう
原因について解説をしようと思います。

パンクとそうじゃない場合の見分け方が
分からない人は今回の記事を参考にして
くださいね(‘ω’)ノ

スポンサーリンク

自転車のパンクの4つの見分け方とは?

自転車のパンクとそうでない場合の
見分け方には4つのパターンがあります。

自転車の空気がなかったからパンクだと
思って修理をしようとしたのに直らない
ということも・・・

店舗に持って行くならいいですが、
自分で修理を行っているならば
きちんと知っておいた方がスムーズに
修繕ができると思います。

それでは、早速下記から解説を
行っていきたいと思います♪

1.空気を入れて乗る前に漏れる

空気を入れる前に漏れている場合は
パンクの可能性が大です!

空気を入れて乗ってもいないのに
空気が抜けてしまうのはタイヤの
どこかが劣化している可能性が
あります。

タイヤのパーツが劣化すると空気を
入れたとしてすぐに抜けてブヨブヨに
なってしまうようです。

ですから、乗ってもないのに空気が
抜けているようならタイヤを丸ごと
交換するとスムーズに直ると思います!

2.異物がタイヤに刺さっている

異物がタイヤに刺さっていると
穴が空いて空気が一気に抜けてしまい
ますよね?

走行中に異物がタイヤに刺さって
穴が大きくなり空気が抜けてしまう
こともあるので、タイヤをチェックして
みてくださいね。

異物が刺さってしまうと、いくら直した
つもりでも毎回空気が抜けてしまうと
いう状態を繰り返すだけになります( 一一)

ですから、直しても直らずにおや?っと
思ったときは異物が刺さってないか確認を
してみるといいでしょう。

3.タイヤに穴が空いている

タイヤに穴が空いてしまうと上記の
ように空いた穴から空気が漏れだして
パンク状態になってしまうのです。

タイヤに穴が空く原因は様々ですが、
異物を踏んでしまい、そこからタイヤが
破けて穴が空くことが多いです。

後はタイヤの劣化が原因で異物を
踏んでいなくても自然に重さなどで
タイヤに穴が空くこともあるようです!

4.チューブの劣化

自転車のパンクの多い原因の1つ
としてチューブの劣化が挙げられます。

自転車がパンクしていて原因が
チューブの劣化であれば修理では
難しいのでチューブを交換しましょう!

チューブは長年使用していると年数と
ともに劣化してしまうのは仕方のない
ことです・・・

チューブはものによりますがそこまで
高くないはずなので、劣化してパンクに
なったら交換をしてしまいましょう。

自転車がパンクしてないのに空気が抜ける3つの原因とは?

さて、ここからは自転車がパンクでは
ないのに空気が抜けてしまう場合の
見分け方についてです!

パンクではないのにくうきが抜けて
しまう原因にはどんなものがあるの
でしょうか?

自転車がパンクしていないのに空気が
抜ける原因には3つのほど考えられます。

下記の項目では考えられる原因について
3つほど解説をしていくので、解説をして
いきたいと思います( ;∀;)

1.虫ゴムがちぎれている

自転車の虫ゴムがちぎれているのは
パンクとは異なります。

自転車がパンクしていないのに
空気が抜けてしまうことがあります!

虫ゴムを交換するのが一番早い
修繕方法だと思います。

そうすれば、すぐに自転車のパンクが
改善していつも通りに自転車を乗る
ことができるはずです。

2.虫ゴムの劣化

自転車の虫ゴムが劣化したら上記と
同じように空気がすぐに抜けるように
なってしまいます。

虫ゴムが劣化すると修理をするのは
難しいので、店舗へ行くか自分で
交換を行いましょう。

自分で虫ゴムを修理するといっても
なかなか初めての人は難しいと思い
ますので、下記の記事を参考にして
みてくださいね☆

⇒自転車のタイヤの虫ゴムを交換!取り換えに必要な費用の相場は?

上記の内容を読んでもらえれば
取り換えに必要な料金の相場や
交換の方法も紹介しています。

虫ゴムを自分で交換するつもりなら
きっと参考になるかと思います!

3.空気圧が低い

空気圧が低いとちょっとした段差や
衝撃だけで空気が抜けてしまうよう
です・・・。

空気圧が高すぎても良くないですが、
空気圧が低いとパンクしたかのような
状態になってしまいます。

空気圧が低い場合は空気圧を高く
する必要があるわけです!

自転車のパンクの具体的な原因を
紹介した記事があります。

⇒自転車のパンクの原因!頻繁に起こる要因や解決法はどうする?

今回の記事と併せて読んでもらえたら
かなり理解が深まるはずです。

まとめ

いかがでしたか?

自転車のパンクとそうでない場合の
見分け方について解説をしてみました。

最後に下記にパンクとそうでない場合の
パターンを記載しておくので見直して
みてくださいね!

パンクの4つの見分け方とは?

1.空気を入れて乗る前に漏れる
2.異物がタイヤに刺さっている
3.タイヤに穴が空いている
4.チューブの劣化

パンクしてないのに空気が抜ける3つの原因

1.虫ゴムがちぎれている
2.虫ゴムの劣化
3.空気圧が低い

また、記事のなかに2つほど関連する
記事のURLを貼っていますので参考に
読んでおいてくださいね。

きっとパンク修理の理解を深める
ことができるはずです( ;∀;)

タイトルとURLをコピーしました